FC2ブログ
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

民意を装った思惑

痛ましい事故が起きてから1年、韓国セウォル号が沈没したまま未だに引き上げられることなく数名の行方不明者も放置状態といった現実を考えれば遺族、関係者の怒りが静まらないのも仕方ないのでしょうが、大統領の焼香を拒絶し、警察と衝突するに至るのは如何なものか?と…

しかも多くの命が奪われたとはいえ、1万人規模にも及ぶ集会で政府を徹底批判する市民の様子を見ていると何かしらの違和感を覚えてしまいます。

どうも組織的な働きかけがあるのではなかろうか?このような疑問が湧いてきます。

異常なほどの大声で相手を罵倒、形振り構わぬ悪態と言動を繰り返すこの仕草、真の主張そのものとはかけ離れたように映るのは似たような光景を思い浮かべてしまうからかもしれません。

そう、沖縄の米軍基地反対運動のエセ住民の姿です。

組織的な人員の動因と情報工作で反対運動のためには違法行為もお構いなし、地元の新聞などでは沖縄独立論構想などまで取り上げて県民を篭絡している始末…

ここまでくると普天間周辺の危険除去や辺野古移設に際しての迷惑を危惧している本来の住民の切望する沖縄県民としての総意とは全くの別物となってしまいます。

しかも沖縄県の翁長知事は、政府の専権事項である外交にも似たような活動を繰り返していることの意図はどこにあるのでしょうか?

一連の流れと最近の様相を重ね合わせて考えてみると想像する限り、どんなにポジティブに捉えようとしても良からぬ方向に向いているとしか思えません。

もしかして、これってトレンド?

EU内のギリシャ、英米関係に米露関係、少しずつズレが生じてきていますからねぇ~

マーケットですが、ここ数日の動きからみて振り回されているという感じでしょうか。

その発信源は中国、貸株業務を解禁、預金準備率の引き下げ…、とても年間7.5%も成長している国の出来事だとは思えません。

ま、当局が公表する数値など最初から信用していませんけど…(笑)

相当に痛んできているのか?見通しが立たない状況に陥りかけてきているのか?この慌しい動きだけを捉えても中国が旗を振っているアジア投資銀行など放置プレーでスルーしておくべきですね。


とりあえず短期の復活を遂げた拙ブログでありますが、再び東上して技術習得と資格取得のために集中的に取り組むこととなりましたので暫らくの間、更新できませんが落ち着きましたらご報告を兼ねて再開させて頂きますので、また宜しくお願い致します。

ご訪問ありがとうございました。 m( _ _ )m

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
.22 2015 報道関連 comment2 trackback0

こんな人じゃなかったはずなのだが…

元官僚で組織と対峙していた当事、発言にはそれなりの整合性があり個人的にもその雄姿に拍手を送っていましたが、いつの日からかタコ糸の切れた凧のように予想外の方向へ…

そう問題発言が未だに物議をかもしている古賀茂明氏。

生放送の中で突然、政府の圧力によって降板させられることになったなどと被害妄想のようなこの一言が、現政権を極端に嫌う者たちや無政府主義者の注目を浴びて言論を弾圧していると誇張する動きに繋がっているようです。

が、そもそもを考えてみましょう。

いくら政権に対して「not」と言ったぐらいで政府がいちいち圧力を掛けるはずもなく、そんなことしていたら相当数のテレビ関係者、出演者、週刊誌、タブロイド誌など…、この世に存在することはないでしょう。

ま、なんちゃって民主主義の隣国ならありえるかもですけど…(笑)

いずれにしても降板という本人にとっては極めてマイナスなことを伝える手前、続投して頂きたかったのですが…、って残念である旨の一言を添えるのは一種の社交辞令。

それを鵜呑みにしてかどうか?飛躍的な勘違いを公共の電波に乗せて、政府から圧力を受けたというようなニュアンスで発言したのですから…

そうなると政府も看過できなくなってしまうのは当然のこと。

一部の番組で放送法違反のような発言が見受けられ真実と異なる内容は問題であると…

その政府の発言を利用する形で個人を特定しないまでも凡そ古賀氏以外の何者でもないと分かるであろう政府の発言で個人攻撃を仕掛けてきたと大衆に訴えている始末。

ある意味、売名行為ということでは大成功といえるでしょうし、根っからのサウスポーのような団体や組織から講演会に招かれることも増えるでしょう。

本人が最初からそれを狙っていたかどうかは知る由はありませんが、省庁に抵抗していた頃の人物とは全くの別人になってしまうのですから時間というのは恐ろしいものです。

更に、NHKとテレ朝に対しての事情聴取が圧力そのものであるといった意見もあるようですが、航空機操縦ミス、鉄道管理不行き届きなら国交省の指導を受けますし、会社の運営上、社会に悪影響を及ぼす事案が発生すると経産省の勧告を受けることは決して珍しいことではないように放送局が報道という分野に於いてドラマのような脚本に沿ったものや個人的な思い込みを真実であるかのように報じていることが事情聴取というに止まっていることさえ寧ろ不思議なぐらいです。

マーケットは、決算発表も控えていることから慎重な姿勢に終始するのではないかということで下値も限定的な鈍い動きだと考えています。

はやり複雑な事情で交錯している為替(ドル円)の展開を見守りながら、下の方で待っているというのが最も安全策なのではないでしょうか。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村



.20 2015 報道関連 comment2 trackback0

従うべきこともあるでしょ

ここのところの株高の報じ方をみても意図するというか、その伝え方によって願望的観測を込めたものや逆に懐疑的要素を交えて警戒を促しているように聞こえるものがあったりと様々な違いがあります。

純粋にテクニカルやファンダメンタル、その他の過熱感を示す指標がアラート状態にあるのであれば要注意というメッセージは的確なのでしょうが、株価と連動しているといわれている内閣支持率を引き下げたいとの目論見からやや正確を欠いているのではないかと疑いたくなるものも少なくありません。

やはり恒常的に行われてきた朝日新聞の捏造記事ほどまで酷くないにしても事実だけというのではなく、それにプラスされたものが情報として日常に飛び交っているということを理解しておく必要があります。

武田教授の言葉を借りれば、NHKは国民に分かり易いように混乱を招かないように伝えようとするため、政府の情報をそのままに発信しているとお考えのようで、例えば財務省が、政府の借金が1000兆円を超えて残された子供たちは大変だとの見解を示せばそのまま報じられていうことに疑問を呈しております。

個人的にもその点については全く同感でして、政府の債務が1000兆円を超えたというファクトは揺るぎないものですが、後段の子供たちが大変になるということの因果関係に無理があります。

政府債務が増え続けていくことは懸念されるべきこととしても現段階では問題ありません。

国債の信任を失えば、先物を通じてアタックしてくるファンドも少なくないようですし、金利が上昇してしまいかねないと考えるのも分かりますが、実際のところそういった心配を微塵もしていないであろうというのが、張本人である財務省なのだということです。

その根拠は、複式簿記の導入を否定していることに他ならないでしょう。

導入されてしまいますと痛んでいないとまで言いませんが、重症でないことが明らかになってしまい積極的に税率を引き上げようとする大儀を失ってしまうことになります。

先日のG20で米国が日本側に指摘したように消費増税を見合わせて財政出動すべきであり、経済基盤を磐石なものにすることが先決だという点は正論であり賛同いたします。

ま、本音のところでは日本経済が失速することで米国も少なからずの影響を受けることや一律に賦課されるとはいえ増税となれば、消費者の購買意欲が低下し、米国の製品の売上にも響いてくると考えているのでしょうから、国民とは目的こそ異にしていますが利害の点では一致しております。

こんな時こそ、米国に黙って従うべきなのですけどね…(笑)

マーケットですが、昨日の動きを見ていると為替の動きが示しているように円安を背景にした底堅さということが改めて確認できたのではないかといった感じです。

地政学的リスクが突如として取り沙汰されない限り、マインドは上へ…、そんな市場心理が窺える状況にあると見て取れますが、本日からの国慶節、香港のデモの動向は気になります。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

.01 2014 報道関連 comment0 trackback0

天声、改め 転成人語

生まれた年の干支を入れると今年でちょうど4回目の午年を迎え、若いころと違って知らず知らずに温厚や慈悲ということも身に付いてきたのではないかと感じていたのですが、どうやら単なる思い込み?であったのかどうにもこうにも腹の虫がおさまらず暴れまわっております。(怒)

そう、公器の仮面を被ってきた朝日新聞の謝罪会見。

もう散々、耳にし、目にしてきたことでしょうし、池に落ちた犬の理論で集中砲火を浴びせるような真似はしたくないのですが、アレって謝罪ですか~?

吉田調書と呼ばれている事故調のヒアリング記録ですから、囚人のジレンマに捉われず余すことなく真相が記録されており、非公開が原則であることを逆手に…

情報元は確定されていませんが、朝日が独占入手に成功、ここまではジャーナリストとしてのスクープと称えられるべきことなのかもしれませんが社是か社風か経営理念か、法律用語的に申しますと背信的悪意に基づいた記事を掲載、どう読み解いても朝日新聞社の掲載した風景に及ばないことは歴然。

それを 『誤報…』って?

天声人語では誤報ですか? こういった場合、一般的には捏造という単語が適当ではないかと…

せめて調書の一部を引用して勝手な推測を交えフィクションに委ねてしまったとか、もう少し言い方ってのがあるはずじゃないですか!

それを 『ご、誤報…』って? あったまきたっ~!

食品偽装や誤表示の問題でも、国産和牛を松坂牛と表示したり、中国産うなぎを国産物として取り扱っていたりというようなことがありましたが、そんなレベルでは計れない悪質さを感じます。

更に、任天堂の社長のインタビューも捏造していたことが明らかになりましたが、記者としての良心を持ち合わせている人もいらっしゃるでしょうから、この手の話は今後も後を絶たないことでしょう。

今回の件もそうですが、真実が明るみにならなければ当然のように知らんぷりを決め込んでいたであろうことは、あの会見から容易に想像できます。

こんな状態では、まだ池にすら落ちていないと考えるべきです。

仔細な点や経緯については、第三者委員会の調査で明らかにしたいとの旨を語っていましたが、その面々を見ただけで噴出してしまいそうな方々が選任されるんじゃないでしょうね。

ま、お腹の虫が機嫌を直して熟睡してもらえるような結果になることを楽しみにしておきます。

ということで本日も二日酔いでありますが、市場は休場ということで二度寝でもしますか… zzz

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


.15 2014 報道関連 comment4 trackback0

主観で言ってるんじゃない!

戦前の朝日新聞と言えば、大本営発表に拍車をかけて国民が鼓舞する記事を書き連ねて戦渦へ誘ってきた代表格でありますが、だからといって一方的に批判できるかといえば、山本七平著の「空気」の研究に記されているように空気というとてつもなく全体を覆いつくしているものが無言の支配を続けていた故の結果であったと解するべきで、大いに反省する点はあるにせよ当事の責任を全て押し付けるようなことになっていないのは、こうした背景があるからだと思われます。

勿論、自浄作用を働かせ方針転換、正義という免罪符を利用して権力と真っ向から戦う姿勢を貫こうと走り出した頃はジャーナリズムの中心的役割を担い、一目置かれるステータスを手に入れたのですが…

やがて、権力と戦う⇒最大の権力である国家と戦う⇒国を断罪する⇒国を貶める

暴走しちゃいました…(狂)

事実は小説より奇なりを装い、小説の世界をリアルな世界へと引っ張り込んでしまいます。

多くの人が首を傾げたくなるような記事でも朝日が書いてるのだから信憑性は高いだろうというように社会的ステータスを最大限に活用して、国家を断罪することに快感を覚えていくようになる過程は、危険ドラッグや麻薬、コカインなどと変わりない症状に陥っていくことになります。

こうした中毒に侵されていると早くから警鐘を鳴らしてきた方々も随分存在していましたが、聞く耳を持ってもらうことができず、長い年月だけが経過していく中、その間も地道に様々な記事において調査、検証が行われ、正義の免罪符はいつしか嘘新聞や捏造新聞というレッテルに変わり、「アサヒる」といった造語まで生まれる始末、それでも当の朝日新聞は正義の仮面を装い続けて、読者ばかりならず国民を愚弄し続けていましたが、とうとう捏造されていたことを決定付ける証拠を産経新聞が掲載。

沈み行く夕日、否、朝日、そう朝日が沈んでいく気配が…

やがて30年以上の時を経て、捏造を自ら認めたものの子供でもしないような言い訳を並べ、自社に責任はないと開き直ったかのような態度には、正義の欠片も垣間見ることすら出来ず、新聞そのものの信用に係わると他社を敵に回し、着々とドツボへの道のりを歩むこととなります。

そして、産経、読売に次いで毎日まで批判記事を掲載、挙句の果てに週刊文春、週刊新潮の広告記事の掲載を拒否するといった暴挙に出てしまいます。

このことからも今の朝日新聞に両論併記、言論の自由は存在していないことは明らかであります。

そんな公共とは掛け離れたファブリケーションペーパーが増税する際には「軽減税率の適用を」などと陳情しているというのですから声を大にして、いや、文字を大にして言いたい。

ざけんなっ~!!!

マーケットは、特に為替の動きに着目してきましたが、トレンドが形成されたと断定できる材料が乏しく、どちらかといえばレンジそのものが拡大したか、レンジ全体が上昇したかという感じがします。

ただ、不思議なことに各国の金融政策が鮮明化しつつある中で、ドルが思ったほど上昇しないというのは、量的緩和による効果は天井だということなのでしょうか。

今週は注目イベントが盛り沢山ですから、それらを受けてトレンドが出るかどうかを見極めながら、予算の恩恵を受けそうな銘柄の動きをウォッチしながらということで…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


.01 2014 報道関連 comment0 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。