FC2ブログ
2020 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 04

見えてきた、戦後初の主役

維新の風が吹いたころに比べると袂を分かち、勢力としては後退したかのように思える次世代の党、そんな野党が臨時国会対策の準備として、米議会関係者や太平洋軍指令部の幹部たちと集団的自衛権に関しての意見交換目的でワシントンに向かったようですが、そもそも行使容認について積極的な姿勢の党、自ら手枷、足枷で自縛思考の政府の盲点や問題点を指摘し、牽引していこうという動きは野党の中でも稀有な存在であり注目したいところであります。

しかしながら、現下の諸外国の微妙な関係を熟知するなら米国だけに依拠していれば国益は担保できるといった保証はないと考える方が妥当ではないでしょうか?

日本の立ち位置からすれば、最大の脅威にあたるのが中国。

その中国に問題があることを承知の上で、経済的な面で秋波を送っているのが米国です。

最近になって、イスラム国に対して強気一辺倒の発言を繰り返してはいますが、そもそも自ら蒔いた種、報道ベースには載せられることがありませんが、中国のウイグル人への弾圧も非道を極めているにもかかわらず、腫れ物には触らないと決め込んで言及すらありません。

しかし、ウクライナの問題においては、ロシアへの制裁に前のめり。

そう、ロシアと冷戦関係になったとしても大きな打撃はありませんが、相手国が中国となると米国の貿易上、大きな痛手を追うことは避けられません。

逆に、米国がウクライナに対して、ロシアとの和平も戦争も許さないというようなメッセージを発していることから、対露で再び冷戦状態を作り出したいのではないかという見方もできます。

ある程度、緊張状態が維持される方が、軍事産業にとっては望ましいという我々日本人の想像の及ばないロジックが存在するのも事実。

こうした力学が働く中、協調を求められて困るのがEU、対ロシア制裁で経済打撃を被っており、米国が一定の距離を保つのは勝手だが、ゴリ押しされても…といった具合ではないでしょうか。

そして禁輸措置により利を得ているのが中国、中露が緊密化していくことは米国にとっても決して好ましいことではなく脅威となります。

そこで、プーチン大統領とパイプを持つ、安倍総理とメルケル首相が連携して双方の面目が保たれるような落しどころを提案して治めることができる立場にあるのがこの両人です。

世界の均衡を保つ上で重要な役割を果たすことができるポジションに位置しているのです。

そのためにも今秋に予定されている日露会談は実現されなければならないでしょう。

マーケットですが、全米オープンの余波と申しますか、そもそも錦織選手はマーケットの申し子のような存在であると違う意味で随分と盛り上がりました。

彼が生まれた日が、日経平均史上最高値(38,957.44円)を更新した日。

彼が渡米した日が、日経平均史上最安値(7,603.77円)を更新。

ま、偶然といってしまえばそれまでなのですが、市場ってのは験を担ぎますから…、とはいえ感動を与えてくれましたが、多くの人は本人よりも残念な気分を味わったのかもしれませんね。(涙)

ところで、記事はどうにか更新しましたが、ちょっと悲しい出来事がございまして、頭が働かないという状態に陥っておりますので、本日はこれにて失礼させて頂きます。 m( _ _ )m

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



.10 2014 日米関係 comment2 trackback0

違いを楽しむ時期がやって来た

今年も日本中の注目を浴びて、連日、スポーツ新聞の紙面を飾る高校生の戦い「夏の甲子園」が近づいてまいりましたが、私の周囲にも居りますが…、そう野球賭博、社会的責任ある立場にもかかわらず、法に触れていることなどどこ吹く風?勝敗の行方に一喜一憂しているクソみたいな人たち、失礼、特別な方々。

こうした一部の人を除いては、純粋に日々努力を積み重ねてきたことが、晴れ舞台で見事に実を結ぶことを願い、全力を出し尽くして戦う姿、決して最後まで諦めることのない懸命な姿に対して声援を送り、筋書きのない感動ドラマと称されるほどに多くの国民を熱狂の渦へと誘ってきた高校野球。

日本の高校野球がこの熱ですから、ベースボールの本場である米国では日本のそれをも凌ぐ盛り上がりを見せているのだろうと思いきや意外にも注目度は低いようです。

その理由は、未完成なものを観るよりも完成されたメジャーリーグを観戦するといった米国人らしい発想らしいのですが、この考え方こそが徹底した無駄の排除を追求した合理主義の行き着いた結果なのでしょう。

資本主義、民主主義の着地点が米国のような国だとするならば、社会主義国で最も成功した国と言わせた日本とは根源的な相違がこんなことに表れていると考えられないでしょうか?

常に完成されたもの、結果を求め、頂だけを目指していく中で必要なもの以外は全て排除、撤廃。

この押し付け民主主義が日本に無理やり輸出され、言葉巧みに改革という単語に変換、副作用の危険性の議論も尽くされないままに特効薬だと信じて疑わない催眠を施されているかのように…

勿論、本当に改革が必要な政策や制度というものも沢山あることも事実です。

しかし、拝金主義者が蔓延る米国とは異なる伝統文化が存在していたことすら忘れてしまい、国際競争に巻き込まれ善悪の見境を失い、自浄作用も制御不能、これがブラック企業というフレーズが生み出された背景なのでしょう。

日本人の多くは、全てにおいて完成度など求めていないでしょう。

高校野球に話を戻しますと、寧ろ、少年のような面影を残しながらに力一杯プレーし、高度な技術はないながらにも気迫、精神力で挑む姿勢に胸を熱くしているのです。

マスターズや全米オープンといったゴルフでも勝算は低い中で、賢明に力を振り絞り健闘していることを素直に評価し、次に繋がることを信じて応援しているのでしょう。

結論として、日本に過剰な合理主義は馴染まないということです。

真に欧米から見習うべきところはこんなことじゃなく、もっと別のところでしょう。

そういえば、メジャーリーグのダルビッシュ選手が投手の故障の多さから、登板間隔を再検討する必要があるのではないかと問題提起したようですが、拝金主義者の頭の中では、メジャーリーガーといえども単なる使い捨てのコマ程度としか考えていないのかもしれませんね。

マーケットは、この2日間を見る限り、期待したほどの動きではないようです。

またしてもレンジに逆戻りってことなのでしょうか?それとも夏枯れ調整入り?

それでもそれなりに賑わっているのは材料株だけという状況ですから、また暫くは静観…?

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村



.06 2014 日米関係 comment0 trackback0

推測が間違っていると思いたいが…

個人的な価値観で申しますと最も贅沢な時間という認識で捉えているのが、映画鑑賞だと考えております。

1日24時間という限られた時間の中で、約12分の1という貴重な時間の全てを拘束されてしまい神経を集中させ映像の世界で繰り広げられるストーリーに没頭し、自らを重ね合わせたりしながら緊張、興奮、感動、時には涙…、喜怒哀楽を堪能できる訳ですが、逆にそのこと以外には何もできないことになってしまいます。

それだからこそ、吟味に吟味を重ねて作品をチョイスして、貴重な時間と引き換えに満足を得られなければ、お風呂に入っているわけでもないのにシャンプーするかのごとく頭を掻き毟るほど後悔するものです。

むやみやたらに話題になっているからとか、何かの受賞作だとか、興行収入が…、っていうことだけを頼りに足を運んでいたなら既に、散髪屋さんとは無縁の頭になっていたんじゃないかと…(笑)

そんな、映画に対して臆病なスタンスだからこそなのかもしれませんが、ごく稀にピッピッと体に電流が走るようなインスピレーションによって『観たい~!』って衝動に駆られることがあります。

今回はそれが、アカデミー賞作品なのですが、「それでも夜は明ける」といったノンフィクション作品。

黒人奴隷制度により、自由黒人の認定も奪われ残虐な日々と戦うといったストーリーであります。

恥ずかしい話、今まで自由黒人という存在すら知らなかった自分に赤面しながらも、米国人にとっては目を伏せたくなるような歴史の一部を取り上げ、今を生きる人たちに対して少なからず、このような差別意識というのが、少なからず現在においても起きていることに対しての勧告ではないのか?そんなことを考えている時、ふと、ある人物の顔が浮かんできました。

…バラク・オバマ大統領です。

2期目に当選した直後から支持率は低下の一途、過去に例のないほど長期に渡るレームダック状態、大統領の権限からして本人の問題もあるのでしょうが、普通なら取り巻きであるブレーンがフォローし、サポートするというのが歴代までの常識であるはず…? 

それが、オバマケアのサポートアクセスは不備により初日から接続不可が続出してクレームの嵐、外交問題においては、ことあるごとにデシジョンを誤り、まるで内部に足を引っ張られて孤立無援状態のような…

鳴り物入りで大統領にまで登り詰めたオバマ氏でしたが、やはり黒人というだけで快く思わない分子が点在しているのかもしれません。

そうした分子が、これまで繰り返されてきた失策を画策し、今後、二度と黒人大統領を誕生させないため巧妙に働きかけているのかも…?

でなきゃ、シリアの発言とその後の行動の不一致に加え、ウクライナ問題の対応でも素人目にも分かるような愚策に次いで先般、署名した大統領令の中身を見ても、今後、ウクライナ東南部に侵攻した場合は、産業制裁も発動すると警告を発していますが、軍の介入については考えていないと言明。

捉え方によっては、事実上の容認?

自由貿易協定の枠を越えて資源の輸出に舵を切ろうとしていますから、そういう点ではロシアを脅かすことにも繋がっていくのでしょうが、シェールガスを受け入れるにしても設備を整えるのに相当な期間を要しますから、右から左というように簡単には進まないでしょう。

本当、何を考えているのやら…、はやり根深いところに潜んでいる反黒人主義的な思想を抱いた取り巻きに持ち上げられながら貶められているってことなのでしょうか?

いろんなことを考えたりしますが、本当のところは、変な差別など無く、ただ単にオバマ氏が馬鹿、稚拙な人物であったということで落着してほしい…? ん…? なんか違和感がありますが仕方ありませんね。(爆)

マーケットは、事なかれ主義に傾倒していく米国に対して、火(非)の無いところに点火していく中国の指標、HSBC製造業PMIの発表に注目が集まっております。

如何せん、中国統計局の発表する指標は、俗に言う「盛ってる指標」ですから、HSBCの方が実体経済を反映しているということで関心が高くなるのも頷けます。

とりあえず、着々と大きなイベントが通過していく中、今週は配当権利の最終週ですから、それなりの賑わいも期待できそうですので、そういう意味では楽しめそうですね。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
.24 2014 日米関係 comment0 trackback0

静かに迫り来る、次なる懸念

先週末のウォールストリートジャーナルの記事で、2016年の大統領選挙で誰を支持しますか?といった世論調査の結果が掲載されていたのですが、有権者の大半が、民主党のヒラリー・クリントン氏を支持しており、8ポイント差で、共和党のポール・ライアン氏という結果でありました。

2014年が幕を開けて間もないこの時期に次の大統領に関心が移っているという、現役大統領からすれば、実に嘆かわしい話題にも見えますが、外交も処理できずに内政に特化し全力を投入しながらも、魅力的な演説で語られてきたことの何一つ、未だに法制化されていないという現実を鑑みるとオバマ政権の時代を失われた時間というサンクコストで消化して、注目は次世代へと向けられているということなのでしょう。

ヒラリー氏本人は、出馬に対して明確な立場を示してはいませんが、こうした雰囲気が継続する中で、出馬しないということは、民主党がきわめて不利な状況に追い込まれ、辞退するという選択肢はなくなるはず…

一方、共和党の中では、頭一つ抜きんでたライアン氏ではありますが、これも持続可能性という点では、次候補の追い上げを考えれば、磐石とは言い難い状況ですので、まだまだ予断を許さないといった感じではあります。

ただ、現段階では、時期大領領の座に最も近い位置にいるのが、ヒラリー氏であるということなのですが、そんなヒラリー氏といえば、ジェンダーフリーや人権問題に強い関心を持っていることが知られており、中国に対して厳しい見解を示す一方で、実は人権を蔑ろにしている中国と深い係わり合いがあるとの見方も多く、日本の立場からは、諸手を挙げて歓迎できるとはいえない存在なのかもしれません。

仮に、ヒラリー氏が大統領に就任することになれば、この数年間の米国において、初の黒人大統領誕生から初の女性議長(FRB)に続き、初の女性大統領と…

初の言葉の後に「女性」ということがクローズアップされ、ことさらに強調されていくでしょう。

勿論、押し売り民主主義の米国のことですから、それをスタンダードと化して、女性の活用を唱えてはいるものの、まだまだ現実の社会に定着していない日本が、槍玉に挙がるのは目に見えています。

こんな書き方をしてしまうと女性の社会進出に消極的な考えだと誤解を招いてしまいそうですが、日本には差し迫る大きな問題が残されており、不毛な議論は続いていますが、女性の社会的役割の拡大と少子化対策という難問とは不可分性の関係にあり、リンクさせながら取り組む必要があるということです。

社会学、相関性、対比、傾向、対策、あらゆる観点から、十数年後を見据え、行政主導で包括的解決へ導いていくことが求められるのが少子化対策だと考えられます。

ま、これについては、またの機会に詳述したいと思いますが、世界的な風潮と日本固有の問題点とを明確に捉えた上で、一時の空気感だけに巻き込まれないようにしたいものです。

マーケットは、四隅を押さえて、一斉にひっくり返ってしまうオセロのような市場になっており、正に、心理戦の展開ってことなんでしょうね。

ネガティブマインドが浸透したら上に行き、リスクオンにシフトしたと皆が思えば、行ってこい!(笑)

失礼、笑ってる場合じゃないですね。

はやり、14,000円を割って、13,500円近辺にタッチしないと…ってことなのでしょうか?

1月27日のブログの中で記したように、もう少し先に13,500円のシナリオに近づいているのかもしれないということで、個人的には、悲観するようなこともなく平常心を保っておりますが、先週の大きな値幅による追証の発生で随分と被害を受けた人も多かったとか…

とにかく、雰囲気、値頃感に負けることなく、常に、リスクリウォードを忘れなければ、ボラの高い相場環境もどうにか乗り切ることが出来るんじゃないでしょうか?

いずれにしても、米株の異常な強さは気になるところであり、本日は反発への期待も高いとは思いますが、このまま上に行くとは思えないので…、今しばらくは、静観!

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
.17 2014 日米関係 comment0 trackback0

本当は、悲しい選択だったはず

目の前で起きていることから将来を予測して、それが危機たるものに成り得るかどうかを判断することを求められるエスタブリッシュメントの人たちの中にも、意図的なのか? ただ単に解析能力が低いだけなのか? リスクをマネージできそうにない様子は残念の一言に尽きます。

先般、可決した特定秘密保護法案を取り上げて、日本が過去に戦争に突入していくまでの流れを例に挙げて、軍靴の足音が聞こえてくるとまで唱えるなど、薬物に侵されているかのようであり、運用していく上で、国民の被るであろう不利益を排除していくように導いていかなければならなかったのですが、結局のところ自らの首を絞めて可決してしまうという後味の悪いまま閉会を迎えることとなりました。

では、喧騒の中、なぜ採決を急ぐ必要があったのか? そのことについては、意見の分かれるところではありますが、米国の影響ということは否定できないでしょう。

そして、安全保障上の問題で、自立していない国の悲しい選択だということです。

というのも、中国の設定した防空識別圏に関して、日を追うごとに米国の対応が微妙に変化し、スタンスが定まらないことをみても、オバマ政権の中国に対する見方、すなわち貿易上のパートナーとして欠かせない存在であるというメッセージが読み取れます。

米国も、日米関係を軽視するというつもりはないのでしょうが、米国が経済というフィルターを通して日中を比較した場合、圧倒的な国土と莫大な人口、成長の余地、こういったことから中国に魅力を感じてしまうのは、綺麗な花(あくまでも例えですが)には棘があると分かっていても、やむを得ないところです。

ま、オバマ政権の方針といったところでしょうが、それを快く思わない人たちも存在します。

言葉は悪いですが、ジャパンハンドラーと呼ばれている人たちです。

一説には、日本を食い物にしていると非難されたりもしていますが、基本的には、日米関係を重要視し、関係強化を促す役割で、今回の法案可決の背中を押したグループであります。

太平洋上を難破船のように漂うオバマ丸、このまま中国に漂着してしまうことになれば、ジャパンハンドラーとしての存在が失われてしまい、我が国にとっても安全保障上の命綱を知日派、親日派を頼りに糸口を見つけるほかないといった双方の利害が一致、このような背景があったものと思われます。

現代社会は情報戦であり、そういう意味では、我が国は中国に押されております。

改憲論を持ち出せば、即、戦争!を連想する人たちが存在すること自体、紛れもなくそれであります。

今や、軍事予算の面では、最大の軍国主義国家が、日本を軍国主義だと批判するのは、正に軍事で制圧したいという意志の表れであり、裏を返せば、自衛隊という存在を恐れているともいえます。

恐れられている以上、戦争が起こるということはないに等しいと考えるのが世界の共通認識であります。

健康を維持するために体を鍛えたり、運動したりするのと同様に、安全を担保するためには、必要と考えられる範囲で軍事力を高めたり、情報を保全したりすることが求められると考えるぐらいの発想が大切です。

汚染されたエスタブリッシュメントたちの思考を国民のコンセンサスという洗浄剤で除染していくことが、必要な時期に来ているように痛感いたしております。

マーケットは、SQを前に一番値動きが激しくなりそうな予感?

ちょっとした材料などもみ消されてしまうぐらいの空中戦ってことも覚悟しながら、様子を窺いつつ、安いところを拾っていくのも一考でしょうが、今のところは、為替の動きの方が面白いように感じております。

特にユーロ円、どこまで上っていくのか? どこかで、雪崩を打ったように滑落するのか?ん~…、いろんなシナリオが描けることもあって、実におもしろい。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
.11 2013 日米関係 comment0 trackback0