FC2ブログ
2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01

12月30日(水)

N.Yが材料も乏しく小反落で取引を終えましたが、為替が1ドル92円まで進んだことで本日の大納会で年初来高値というシナリオに落ち着くのではないかと考えられます。

為替が円売りに流れた背景には来年度の見通しを立てた上で、いち早く動いたことが原因であると報じられています。
その見通しとは、先進国の中で唯一のデフレ状態にある日本が出口戦略を取るまでには相当な時間を要するであろうという事です。
利上げが期待できない日本経済の弱さがドルキャリーから円キャリーへシフトされていくことで円安が起こるという何とも複雑な心境で素直に喜べない理由であります。
スポンサーサイト



.30 2009 経済情勢 comment0 trackback0