FC2ブログ
2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

民主の知恵袋が踏襲する手法

プラス思考やポジティブ思考といった言葉が、いつ頃から定着したかは記憶にないのですが、今や日常的に使われるようになり、企業などでも促進されるほど認知されているようでありますが、そんなプラス思考って…?ということで…

先日、ある人との会話で、現政権の話になった時のこと「菅さんって、世論から非難を浴び、外交で爪はじきにされながら、ニコニコしていられるのって、よっぽどプラス思考なんだろうなぁ」なんて発言が飛び出したのですが、本当にそうなのでしょうか?

辛いことがあっても、失敗したときでも、明るく前向きに生きるってことが、プラス思考だと考えている方も少なくないようですが、実際のところはもう少し複雑で、前述したものであれば只の楽観論者の方とそう違いないということになるでしょう。

具体的に申しますと、悪いことが起こったり、嫌なことがあっても、違う角度で捉えて良い面にフォーカスすることで、それを乗り越えられる手段を選択することを繰り返していき、いつしかそれが常態化され無意識に行動、判断できるようになり、人生が好転するということを指しているのです。

この定義で菅首相を見た場合は、残念ながらプラス思考には該当しないということになり、大甘に見積もっても楽観論者となり、正直に言わせて頂くと何も考えていない(スッカラ菅)部類に収まります。

プラス思考、楽観論、無思考と明確に分類して判断しないと間違った方向に進んでしまいますし、本人が不幸になるだけならまだしも、首相という要職の方に「プラス思考ですね」なんて間違ったメッセージを発し、大きな勘違いのまま暴走したなら国家的不幸に発展してしまいます。

そんな無思考者の首相にも策士がサポートして、この期に及んで党首討論を行う意向を示しております。

党首討論が行われていない日数が最長記録を更新してきたのは、民主党が逃げ回っていたからであり、野党が数々の問責を議決して、その対応を要求、無視するようなら審議も何も受け付けないと強い姿勢に出てきたことを良いことに、正にアリバイ作りのように「党首討論しましょ」って?

これは後々に菅首相は討論に応じた、応じたにもかかわらず拒否したのは野党であるという布石を打ってきたに他ならず、これと全く同じような手法を用いている奴の手法が思い出されます。

そう!現在、緊迫状態にある朝鮮半島問題の仲介役を買って出たかのように「6カ国協議を提案する」と発言した例の赤い国であります。

少し考えれば分かると思いますが、この状況で提案されて「はい、そうしましょう」と協議に参加できるわけがないことを理解していながらの提案です。

これこそが、中国は北朝鮮に対して武力の行使を中止させる努力をしたことをアピールして、米韓に丸投げした形をとっているアリバイ作りであります。

米韓の立場を考えれば、無条件に応じる可能性など1%もないことを想定していながら、決裂に終われば、中国は協議の再開を促したのに拒否したのは米韓の方でしょ!って…

民主党が中国共産党を崇拝していることが、こんなところにも見え隠れします。(情けねぇ~)

そんな情けない政党に委ねるものはないと立ちあがり、領土領有権についての決定的な裏付け資料を添付した書籍「領土問題の真実」水間氏著(PHP研究所)が本日発売されます。

別に、水間氏の回し者でも何でもないですが、こうした国民レベルで国益のことを考えておられる方の活動は多くの方に知って頂きたいと切に願うわけでして、個人的にも楽しみにしておりますし、お薦めできるものであると考えております。

拝読後には、感想などもお伝えしたいと思います。  9d596ee62b101982ef721c8e662faecd.jpg519ARBJZqaL__SL100_.jpg



マーケットは不可解な動き?って感じを受けております。

円安が進行したとはいえ、数々のリスクを撥ね退けての昨日の日経平均の反発ですから、ヘッジファンドのお化粧買い?、大量オプションの調整買い?、原因がハッキリしなことほど、気持ちの悪いことがないので暫くは静観することが良いのかもしれません。

もう1つ注意したいことは、ドル円が85円を目指す流れで動き出していることでしょうか。


ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家

スポンサーサイト
.30 2010 国内情勢 comment0 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。