FC2ブログ
2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

下半期をNEWSで振り返る(2013)

いよいよ新年の足音が聞こえてくる中、恒例のトピックス形式で振り返る下半期、ちなみに上半期は、コチラからご覧になれますので、よろしかったらどうぞ。

では、参りましょう~

(7月)
・英中銀史上初、カナダ国籍のカーニー氏が総裁に
・エジプト、クーデターで大統領権限剥奪
・安藤美姫、子供の父親を巡る下世話報道
・早い梅雨明けに記録的猛暑
・韓国アシアナ航空、B777機で初の大惨事招く
・東電の半沢直樹こと吉田所長、早すぎる逝去
・土用の丑も稚魚(1kg250万円)高騰に悲鳴
・参院選、自公圧勝で野党どうなる?
・米デトロイトが破綻
・山口の集落で大量殺人
・世界が注目する中、英ロイヤルベビー誕生
・拡大続けるカネボウ美白化粧品の白斑被害


(8月)
・世界水泳、400m個人メドレーで初の金メダル
・米軍、キャンプ・ハンセンでヘリ墜落
・楽天、田中、開幕16連勝でプロ野球新記録
・A猪木氏、外特派協で北朝鮮のお遣い?発言
・堺屋太一氏、内閣官房参与へ
・長期化か? 福島、汚染水大量漏洩
・エジプト国立博物館、収蔵物、略奪される
・イチロー、日米通算4000本安打の金字塔
・中国、薄熙来氏公判 公開の狙いは…
・悪意漫画の親玉、閲覧制限も…、再び、千里の野に虎を放つ?


(9月)
・埼玉・千葉で甚大な竜巻による被害発生
・生放送で、みのもんた、けつもんだ…、次男は窃盗の犯罪一家
・亀田3兄弟、同時世界王者に
・楽天、田中、開幕20連勝で140年ぶりの世界新更新
・招致活動、実を結ぶ、2020五輪東京開催
・トルコで邦人観光客死傷
・ドコモ、満を持してi-phone販売へ
・再挑戦、イプシロン打ち上げ成功、観測衛星は「ひさき」と命名
・台風18号、列島縦断で死亡者も
・JR北海道、杜撰な管理体制を露呈
・ドラマ不毛の時代に光明、半沢直樹、視聴率で頂点に
・復興必要なし、とんでも官僚に停職2ヶ月の処分
・維新の会、地元大阪(堺市)で初の敗戦


(10月)
・2014年4月に消費税5%から8%へ決断
・神宮、式年遷宮、厳かに遷御の儀
・米政府機関閉鎖、オバマ氏、アジア歴訪も中止に
・楽天、田中、無傷の24連勝でシーズン終了
・絶滅危惧党、社民党党首に吉田氏
・豪華列車、ななつ星が九州で運行開始
・台風26号、伊豆大島で死亡者出す被害
・アンパンマンの生みの親、やなせたかし氏、死去
・朝鮮総連落札した謎のモンゴル系企業、実態なし
・和食が、世界無形遺産登録勧告
・一流ホテルで偽装発覚、釈明会見は三流?
・天安門で車両炎上、テロの疑い
・伝説の監督、川上哲治氏、逝去
・RED SOX、W.S制覇、モンスター上原が胴上げ投手に
・憲政史上の大馬鹿、山本太郎が園遊会で異例の非礼


(11月)
・闘将、星野監督、頂点極めて空に舞う
・金融庁、メガバンク3行に一斉立入検査
・中国、山西省で連続爆発、テロ活動本格化か?
・日本人初、国債宇宙s.t船長の若田氏、宇宙へ出発
・A.猪木議員、無許可のまま北朝鮮訪朝
・台風30号、フィリピン直撃で死者1万人?
・小泉元首相、原発ゼロ!90分の公演で熱弁
・課題の多い中、4号機から燃料取り出し開始
・相撲協会、P.マッカートニー氏に異例の待遇
・無事に信任状奉呈、ケネディ大使正式に就任
・昨年の衆院選、最高裁、違憲状態判決
・海底火山の噴火で新島出現
・二転、三転、四転、苦しい猪瀬知事の弁明続く
・中国が日本領土上空に防空識別圏を設定


(12月)
・外務省3等書記官、コンゴ大使館放火で逮捕
・流行語豊作の一年、大賞には4語
・両陛下、53年ぶりインド訪問
・北朝鮮、張成沢氏、突然の粛清から死刑執行
・南アフリカ、マンデラ元大統領、死去
・喧騒の中、特定秘密保護法案が可決
・本田、ACミランのファンタジスタへ
・FRB量的緩和縮小開始
・解決する力の著者、猪瀬知事、解決できず辞任
・恒例、今年の一文字は「輪」
・王将、社長が本社前で銃撃され死亡
・南スーダンで銃弾(1万発)無償提供
・沖縄、仲井真知事、辺野古埋め立てを承認
・発足から1年、首相、靖國神社に参拝


簡単にトピック形式で振り返ってみましたが、この一年を振り返りますと世界的な異常気象による自然災害、昭和に活躍された各界偉人の他界、不正、虚偽のほか、特に、東アジアでの緊張感が高まるといった暗いニュースも多かったのですが、一方、史上初やアジア初といった記録などの更新や快挙、何よりデフレから抜け出せるかもと思わせる一光が射し、僅かながらにも精神的な潤い、希望というものも感じた方々も少なくなかったのではないでしょうか?

何より、政治的なことを取り上げている中、ここ数年との大きな違いは、政局に立脚した内容から、実質的な政治そのものに移行したということだと感じております。

これが、成果を生み出し、経済的な効果にも結びついていることで安定政権が保たれるといった良好なスパイラルにあり、今年よりも来年、来年よりも再来年と着実に成長への期待が高まることが望まれます。

そして、年が明けた新年には、神道の国さながらの初詣での賑わいが伝えられることでしょう。

一年間、ありがとうございました。m(_ _)m

さ~て、大納会のマーケットですが、年初と比較しても上場企業の時価総額が、150兆円以上も増し、為替も強力なオプションを打ち破って105円台と追い風ムードではありますが、そんな時こそ見落としがちな材料をきっかけに調整って事も忘れないようにしたいものです。

一通り見渡しても、米債の金利の動きが気になるぐらいで、大荒れになるようなことは考えられませんが、長い期間の休場になりますから一旦、手仕舞ってゆっくりするのも悪くないんじゃないでしょうか?

それでは皆様、よいお年を…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



.30 2013 半期総括 comment0 trackback0