2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

そろそろ不毛な議論に終止符を

一部の周辺国が、騒がしくなる日を迎えるにあたり、昨年末、総理が参拝してからというもの、特に靖國神社への風当たりが強くなったこともあって、関心のなかった世代の方たちにも多少なりの興味を持ってもらえたのではないかと楽観的ではありますがそのように考えております。

そして、現実に戦争を経験した方々が少なくなっていく中、周囲の人間が意見を戦わせていても実際には…ということで、日本最後の侍(samurai)と称され、人生を全うされた小野田寛郎氏の著書から、一部を抜粋して先人はどのような思いでどのように考えていたのかについてみてみたいと思います。


『ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い』より

靖国の英霊に対して「心ならずも戦死された(本当は戦争に行きたくなかったのに戦争で死んでしまった)」と言う人がいます。しかし、これほど英霊を侮辱した言葉はありません。

皆さんの中には特攻隊の遺書をご覧になった方がいらっしゃるでしょうか。特攻隊の遺書には、「心ならずも(本当は行きたくなかったのに)」なんて書いてありません。私も当時、特攻隊の方々とほとんど同年齢でありました。私がもし当時戦死していて、「心ならずも死んだ」と言われたら、侮辱されていると思って怒ります。

当時の私たちは、死ということに拘泥しない、深く考えない、死んだら神様だと、そういう考えをしていました。何故かと言いますと、戦争には若い者が先頭に立たなければ国の将来がないということをはっきり考えていたからです。お国のために命をかけて働いているので、兵隊は普通の人の半額で映画館に入ることができました。それで、「映画半額、命も半額、死んだら神様だ」などと笑いながら話していました。これが当時の私たちの戦死に対する考え方だったのです。

当時は徴兵令で、満20歳になると身体に異常のない男子はみんな兵役につかなければなりませんでした。だから「心ならずも」と言うのかもしれませんが、それは当時の私たちの気持ちを表した言葉ではありません。好きで兵隊になったわけではなくとも、多くの人間は国のために死ぬ覚悟を持っていました。戦争に負けた後、戦後の教育で洗脳され、本当の日本人の気持ちを理解できなくなった人が、そういうことを言うのだと思います。

中略

とにかく、私たちが「死んだら神さまになつて会おう」と約束した場所が靖国神社であり、戦後その靖国神社を国家が守らないことに対して、納得できない人は多いと思います。国は私たちが死んだら靖国神社に祀ると約束しておいて、戦争に負けてしまったら、靖国など知らないというのは余りにも身勝手です。国による直接の運営が難しければ、せめて政府を代表して内閣総理大臣に八月十五日の終戦の日に堂々とお参りしてほしいものです。

最近は、靖国神社とは全く別の追悼施設をつくる、という話まで持ち上がっていますが、これは、死んだ人間に対する裏切りであります。靖国神社とは別の追悼施設がつくられるのであれば、私は死んでも死に切れません。


いかがでしたか?如何に不毛な議論に時間を割いているのかということがよく分かります。

このような考えの人たちの支えがあって、今日の日本があるということをを踏み台にした挙句、台無しにしようとするようなことを平然と口にする人が居ますが、正しく悪魔に魂を売ったに等しい行為であります。

こうした想いを踏まえれば、海外が靖國神社のことについて、言及したり批判したりすることが、思想信条に制限を課していることにもなり、主権の存在を否定する究極の内政干渉であるということです。

黙祷

マーケットは、閑散相場が続いている中、政府主導のGPIFの影がちらついているのかジリ高。

そんなことには微動だにしないドル円…、ここ数日の暑さも思考の邪魔をしてくれていますが、冷静に思い直してリスクリウォードの物差しにで眺めたら静観しかないみたいです。(笑)

まだまだ暑い日が続くようですが、体調管理はしっかりと…、では良い週末を…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
.15 2014 教育問題 comment2 trackback0

comment

レインボウ
先人たちが命をかけて働いていた、その結果の日本、
今日のアタシタチは、日本をどう思うべきか、考えさせられます。

小野田寛郎氏の著書抜粋、ありがとうございます。
なんとも切ないです。

命は尊い。先人の意志も、でも尊い。
2014.08.19 22:40
bun
レインボウ様、いつもありがとうございます。


小野田氏の著書とは違うアプローチになりますが
小林よりのり編集の「国民の遺書」という書籍がございます。

戦火の中で残された遺書を綴ったものです。

その当時の16、17歳の世界観なども垣間見ることができるお奨めの逸品でございます。

古書店などで目にする機会がありましたら、ぜひ御覧くださいませ。



> 先人たちが命をかけて働いていた、その結果の日本、
> 今日のアタシタチは、日本をどう思うべきか、考えさせられます。
>
> 小野田寛郎氏の著書抜粋、ありがとうございます。
> なんとも切ないです。
>
> 命は尊い。先人の意志も、でも尊い。
2014.08.20 00:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1010-6109a74f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。