2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

万事、塞翁が馬ということなのかも

私事になりますが、先月にオープンを予定していたフードコートの立ち上げ、その後の関東圏への進出にも加わる予定だったものが、最終契約を前に折り合いが付かず破談…、スケジュールは真っ白に…(泣)

行政が絡んでいた案件でしたから、少々、悔やまれるところではありますが…、それよりも穴が開いた状況を埋めるには案件が大き過ぎたようで頭の痛いところです。

しかし、幸か不幸か、数年前から活動しているボランティアの同志とともに発起したG・Vnetという組織の存在が認められ、国連世界食糧計画(WFP)の事務局長から直々に、関西地区での広報を兼ね、組織の拡大に尽力賜りたいとの内容について会談の要請が…

予想だにしなかった雲の上の存在である事務局長からのお誘い、そして、先週末に食事を交えて、その構想についての詳細を窺って参りました。

様々なご提案を頂戴しましたが、共同代表という複数で組織しているため、決議事項に関しては、全て合議が原則ということもあり、こちらの活動比重が高まりそうな展開に…

ここで、ご紹介しておきますと昨年、事務局長に就任された方というのが、市場関係者は勿論ですが、まず知らない人が居ないであろう、ダウ工業平均株価という制度を設けたダウ・ジョーンズ社、そういえば、ウォールストリート・ジャーナルの発行元ということでもご存知の方が多いのではないでしょうか?

そのダウ・ジョーンズジャパン法人の社長であった関口泰衛氏。

社長の席を自ら擲ってという力の入れように加え、驚くほど気さくで明るい人物であります。

そういえば、外資で成功された方のイメージって、冷酷、冷静のエリートが服を着ているって感じに思いがちですが、実は真反対で、非常に人間くさいっていうか、緻密な面を持ちながらも豪快であり、失敗を笑って許せるぐらいのおおらかな人が多いような気がします。

ま、それほど多くの人を見てきたわけではないので、統計とはいえませんが…(笑)閑話。

ここで、WFPの活動について記しておきましょう。

国連WFPは、毎年平均 70カ国以上、9000万人以上に食糧支援を届けています。
およそ1万2000人にのぼる職員の多くは、途上国の遠隔地など支援現場での活動に従事し、飢餓に苦しむ貧しい人々を直接支援しています。

そして、我々の活動ですが、ローマを拠点としているWFP、欧米ではポピュラーな存在であり、日本事務所のある横浜においても比較的、知られた存在ではありますが、関西に至っては、全くというほど認知されておらず、より多くの人にその存在を知っていただき、広報、支援、協力を促すということになります。

WFPの詳細については、リンク欄の一番上に貼り付けてありますので、そちらをクリックしていただければ詳しいことがご覧になれますので、よろしければ、どうぞ…

な~んて、よくよく考えてみたら、ボランティアに力を入れる前に仕事の穴を埋めないと本末転倒になってしまいそうですし、短期のバイトでも探そうかな~(笑)

マーケットは、意外な展開が繰り広げられましたが、結局のところは適正水準に戻ったと見るのが妥当なんじゃないかと思われます。

ただ、常々申しておりますようにボリュームが足りていないといった不安材料は払拭されておらず、決算期を前に息を潜めている投資家が多いのではないかと…

実際に東京市場のボラに比べて、為替の動きは極めて限定的であり、それが物語っているのでしょう。

G.Wあたりには、ドル円、再び100円を試す展開?なんてことも想定しながら、ありったけの材料をかき集めて、次のシナリオでも考えて見たいと思います。

それでは、皆様、良い週末を…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.18 2014 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1055-2d902706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。