2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ライフスタイルの変化を読む

モノの価値というものが、相対的に変わっていくのと同じようにサービスの価値というものも時間の流れとともに移り変わっていくことを象徴した形となった大手居酒屋チェーンを統括するワタミ株式会社の決算内容。

居酒屋チェーンは元より、外食産業全体の中でも屈指の存在であるワタミ、未だに黒い噂が飛び交っている会社ですから、その影響も十分に考えられますが、外食産業というカテゴリーの中の居酒屋グループを見る限り、決してワタミの一人負けとは決め付けられないと思われます。

そう居酒屋というセクターが全般的に低迷状態。(そうでないところも存在しますが…)

そもそも私が幼少のころは、居酒屋といえば…、豆狸、縄のれん、赤提灯と相場が決まっており、「相棒」に出てくるような小料理屋を小汚くしてフランクに接するオバちゃんが女将さんで居るような店というお決まりのパターンがあり、親戚縁者でもない限り、そういった場所に子供が出入りするようなことはありませんでした。

それが、1974,5年頃より、ワンメイク戦略(同一屋号)ということで、ファミリーレストランのチェーンが各地に展開、ちょうどその時期に外食産業という言葉が生まれ、資本を背景に企業が参入、瞬く間に成長を遂げるビジネスへと歩み始め、やがてそのチェーン展開は居酒屋というセクターにまで及ぶことになりました。

ただ、今では考えられないかもしれませんが、いくら株式会社が経営しているからといっても、水商売という印象が抜け切れなかった人も多かったことは確かで、当時、その業界に身を置いていた者からすると随分と説明するのに時間を要したことが思い出されます。

閑話休題。

そして、30数年間、拡大の一途を辿ってきた外食産業も数年前からは、成長モデルとしての中身に異変が生じてきているのではないかと考えております。

衛生管理という面での安心感はあるものの、マニュアル化された接客用語にロボットのよう(機械的)な作り笑顔に加え、どこのチェーンで食しても代わり映えしない特筆すべき点のない無難な料理。

減点方式で採点するなら高得点になりそうですが、加点式となると間違いなく満点に至ることは皆無。

それでも手軽さと価格の優位性でシェアを維持してきましたが、コンビニの躍進を中心に据えて考察するなら、熾烈なGDPの争奪戦という様相、ファストフードが影響を受け、カフェ業界も打撃を被り、次なるターゲットは居酒屋業態…? 既に着手しているイートインでの売上拡大に向けて、アルコール分野にまで…

更に、大手チェーンのスターバックスも仕事帰りにカフェでアルコールを嗜むという新しいライフスタイルを提唱して、飲酒という行為そのもの価値を創出しようといった試みもあるようですから、大手といえども中長期的な戦略を持たないと線香花火のように消えてしまうことにもなりかねません。

ま、ワタミは介護事業にも手を伸ばしていますから、多方面に進出することもあるのかもしれませんが、行き詰った末に不動産事業?ってことはないですよね。(笑)

マーケットは、G.W明けの大暴落がウクライナ情勢の悪化を理由にしているようですが、それにしても年初からのボラティリティーの高さは説明がつき難いとしか言えません。

ただ、昨日の反発の弱さが示しているように上値は重い中でのボラですが、その背景には成長戦略への期待の剥落といった見方が大勢を占めていますので、逆にポジティブサプライズが飛び出したりしますとビンの蓋が外れて吹き上がるという展開もあり得るかも…? まず、ないでしょうが…(笑)

しかし、株式のボラと比較したドル円の動きから分かることは、下値でのドル買い意欲は間違いなく旺盛で、大口の買い手が存在しているということでしょう。

ということは、やっぱ短期のドル買い…?

それでは、皆様、よい週末を…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.09 2014 マーケティング comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1063-b81470e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。