2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ここまですれば、取柄なのかも…

業績や数字を客観的に捉えて、現状分析することを生業にしていても、それぞれ先行きについて見方が分かれる原因の一つに感情の作用は排除できないところであります。

エコノミクスやアナリストにしても、どの材料を重視するかで、今後の株価が更に下落すると見たり、反転に転じると予想したりと得意にしているメソッドなんかでも二分することは珍しいことではありません。
今現在、進められているアベノミクスという経済政策が、ある人は絶賛しているかと思えば、また別の人は、ハイパーインフレを引き起こす原因になりかねない非常に危険な政策であると否定的な声も…

これは、冒頭に記しました感情の作用から自己哲学を立証する都合の良いメソッドを選択して、周囲に説明できるだけの根拠材料を集約して語られるから起きる現象だといえます。

そして、これが国際経済を読み解いていく上でも利用されており、昨今の低迷が伝えられている韓国経済も過去の経緯からジェットコースター経済などと呼んだりする人もいますが、激しく上下するという点では、言い当てているとも言えますが、果たして、これから大きく上昇していくシナリオはあるのでしょうか?

数年前は、韓国の底堅い成長ぶりとデフレで喘いでいた日本経済を比較して、韓国を賞賛していたエコノミストも多く見られましたが、サムスンが頭打ちになり、ヒュンダイ(現代自動車)は虫の息、国家ブランド委員会の肝煎りで仕掛けられたエセ韓流ブームも見事に終焉。

ほんの少し前などは、エンターテイメントの質が違うとKASU…? 失礼、KARAや少女時代といったポップミュージシャンのグループが挙ってメディアに露出していたようですが、ゴールデンウィークという絶好の時期に開催された少女時代のコンサート、花道の横というアリーナ席が、何と…、510円(オークション)で落札されたことが示しているように幻想が剥落してしまい賢明な日本人が、適性な評価をできるようになったということだと解しております。

ま、興味のない私にしてみれば、510円という大金を支払って、無駄に時間を消費する意味が理解できませんが、世の中には奇特な方もいらっしゃるということにしておきましょう。(笑)

元々、人口規模も日本の半分以下ということで、内需には限界があり、外貨を稼ぐビジネスモデルが必要な国であるということで、躍進した時期もありましたが、サスティナブルではなかったということです。

その韓国の現状を鑑み、人口の減少は日本の国力を減少させると…、然るに移民?という単純極まりない馬鹿げた発想をする人たちが声を上げていますから、今後、この腐った発想と戦わなければなりません。

これからの将来、人口が減少していくことは、好ましいことではありませんが、韓国と比較するのは止めてもらいたいと本気で思っております。

話を戻しますが、そんな韓国、客船が沈没して以降、組織ぐるみでの横領や背任行為、収賄といったことが背景にある社会構造が浮き彫りになり、情報化社会の中で丸裸にされた状態を国際社会というフィルターを通して見た場合、どのように映っているのでしょう?

どう考えても韓国のプラス材料ではありません。

正に、断・末・魔… (だ・ん・ま・つ・ま) images omotenashi

それでも、絶賛反日活動は継続中ということで、何やら日本で言うところの護国神社に日本原産の造景樹が植えられていることを問題視した市民団体の請願が国会で採択され、植え替えられるとか…

深刻な経済状況だけでなく、国体をも脅かされるほどの危機に晒されている中でも、反日活動だけは、何が起ころうが恐れず、怯まず、全力で遂行するといった姿勢、ん~、わかりませ~ん!、ただ、少し見方を変えれば、これも取柄ってことですかね。(爆)

マーケットは、結局のところG.W前の水準に戻ってきており、もう少し上に行っても良さそうなのですが、なんだかんだと居心地が良いところってことなのかもしれません。

決算に関しては、良くて当然、悪けりゃ売られるというコンセンサスですから、個別での上下はありそうですが、日経平均全体が一段上に行くには、やっぱり成長戦略でサプライズでもないと難しいということでしょう。

5月も中盤に来ていますが、最悪でも恐怖の5月をこの水準で切り抜けてもらいたいものですね。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.14 2014 韓国問題 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1066-c2a8749e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。