2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

どんなことでも一長一短、運用次第

世論を二分する形で、エネルギー政策や安全保障・防衛といった大きな課題に直面している昨今、ノンポリと呼ばれる人や日常生活との相関を感じない人にとっては、産業競争力会議の中で取り上げられている内容の方が密接に関わっていることもあり、特にホワイトカラーエグゼンプションが導入されてしまうことのではないかといった不安などから関心が高いのではないかと思われます。

残業代ゼロ、解雇要件の緩和といったフレーズを耳にすると労働者としては、一方的に不利を強いられるような印象は拭えないことでしょう。

会議のメンバーの中には、外国人労働者の活用(準移民政策)を唱えている人もいるようですし、とてもじゃありませんが賛同できかねることも取り上げられているようですが、個人的な見解として、残業代ゼロ、解雇要件緩和ということについては、ネガティブには見ておりません。

前者の残業代については、成果報酬に置き換えられるということで、成果を図る職種は限定されるのではないかといった意見もありますが、定性、定量を織り交ぜながらフォーマットを作成すれば、エバリュエーションとして整合性を担保した客観的な査定は可能になるでしょう。

兎に角、新しい制度の導入は労働者が不利になるという前提で考えるのではなく、その制度による社会的な影響まで包括した上で検討しなくては、成熟した経済大国が更なる成長を遂げるということ自体が絵に描いた餅になってしまい、全体的はマイナスに働くことが予想されます。

当然、導入後に全員が恩恵を受けるということはあり得ませんので、収入面で不利になる人がでてくることは否定しませんが、熾烈な競争社会において、制度的保障に守られてきたということだと理解して頂くしかなく、奮起して成果を生み出し果実を手に出来るように考えて働くことで解消するしかないのでは…

次に後者になりますが、こちらは以前から申しているように雇用の流動性を高めることが可能になるという利点が挙げられるでしょうか。

労働者側としても再雇用の機会が増し、天職に就き易くなることも考えられ、職場の生産性の向上が期待されることで、将来的に労働人口が減少していく中において、生産性の向上は経済を維持していく条件に合致しますから、外国人労働者に依存することを考えれば、既存の労働参加者の間で活性化を図るというのは矛盾していないのではないと解します。

日本古来の「和」の精神ということもありますが、国内に敵対分子が散在し、国益などという発想が皆無のままに我欲の追求のためなら国をも売るぐらいの勢いで活動している連中に対して、「和」の精神などと言っても通用するはずもなく、経済がシュリンクしていくことにより安全保障が脅かされてしまうというような事態だけは絶対に避けなければなりません。

最後に、ロケットニュースの中で、またしても中国製品の恐るべき実力が伝わる画像が掲載されていましたので、添付しておきたいと思います。

china rocket

マーケットですが、当面は、円高、株安の兆候は避けられないかもしれません。

外国人の売買動向が示しているように昨年に積み上げたポジションの解消が進んでいるようで、アベノミクスが始動した時に抱いていたイメージと現状との乖離が大きいのではないかと考えられます。

日銀も微妙な状況という中では、動かないでしょうから、会見での中身がより注目されるところです。

ということで、ドル円が101円を割れた真ん中から下のところで底引き網方式で吸い上げてみるのも悪くないなぁ~、なんて考えたりしています。

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.21 2014 雇用・経営関連 comment2 trackback0

comment

ウナ
おはようございます
「ロケットニュース」ですか
知りませんでした
世の中って面白いですね
原油価格がおかしなことになりそうです
作られた「オイルショック」の再来かも知れません
みんな静か過ぎます
2014.05.21 23:56
bun
いつもありがとうございます。

原油ですが、シェール革命と呼ばれるほどに
開発が進んできている中で、本来なら
相対的価格に反映されなければならないはずも
WTI、北海、いずれも下値は限定的でありましたから
権益に関連した意思が働いているのでしょう。



> おはようございます
> 「ロケットニュース」ですか
> 知りませんでした
> 世の中って面白いですね
> 原油価格がおかしなことになりそうです
> 作られた「オイルショック」の再来かも知れません
> みんな静か過ぎます
2014.05.22 07:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1067-64b5b2fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。