2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

tax slave (税奴隷)

消費税10%へ引き上げ、FTA締結による関税引き下げ、配偶者控除廃止、法人税減税、軽減税率の導入等々、税金にまつわる話題は尽きません。

資源大国の中には、ほぼ徴税なく光熱費や学費、医療といった費用は国が全額負担してくれるところもありますが、自前資源の埋蔵が確認されている今も尚、その採掘に積極的とは思えない遅滞ぶりが目立つ日本は、何を目指しているのか?税金に関しては不満に感じるというのが正直なところであります。

減税を行うためには、代替財源の確保は必至であるといい、税率を引き上げる時期を間違えば、税収そのものが減少する可能性を示唆してもプライオリティーは常に税率。

国の財政悪化を理由に税収を増やさなければ、国債の信任を失うと国民を脅す一方で、全く必要のない国にODAと称して多額の税金を譲渡し、見方によっては憲法違反ではないか?と疑いたくもなる生活保護費を目当てにした外国人に対して、厳格な審査なきまま年金額を上回る、血税から支払われる生活費。

個人的には、消費税率が10%に引き上げられるということ自体は容認せざるを得ないと考えていますが、長年に渡りデフレで痛んだ経済状況、構造の変化から、立ち上がっていない時期に脱却の兆候と機を一にし、増税に踏み切るというのは如何なものかという思いであります。

更に、FTAやTPPといった関税の撤廃や引き下げについても取り巻いている情勢を勘案すれば、タイミングとしてはどうなんだろう?といった疑問も生じますし、何より国内の競争力強化を図ることよりも、補助金というバラ撒き政策で業界を押さえ込もうとする姿勢には首を傾げたくなります。

配偶者控除の廃止が検討され始めた理由も女性の活用といった大儀にもならないような理由が前提となっているようですが、あまりに見え透いた口実で聞いていて馬鹿らしくなってしまいます。

法人税減税については、投資を呼び込む材料の一つには寄与する可能性もありますが、幾つかの条件を付与する必要がありそうです。

その条件ですが、都心への一極集中を避ける意味で、特区指定により、一部の地域に限定した減税制度の導入にして、向こう10年の計画で、全国規模の減税を実施するにあたり、租税特別措置の全廃を行うことで透明性を高め、税率を引き下げても税収を確保する方向で検討して頂きたいと考えます。

他にも、箍を嵌めないと減税分のキャッシュは、海外へと流れ、先般、公表された海外純資産が23年連続世界一というような表題を見る限り、好ましいように感じる記録が更新されていくのでしょうね。

皮肉なようですが、中身が肝心で純資産の中にどれだけ流動性の高い資産が含まれているかが重要であり、国内の産業が空洞化すると警鐘を鳴らしている人たちが、海外純資産世界一と喜ぶのは如何なものかという思いがあります。

要は、海外に生産設備を移転したり、新規に設備投資されたことによる流動性の低い資産が形成されたものが海外純資産に含まれているのですから、諸手を挙げて喜ぶまでのニュースではないということです。

最後に軽減税率についてですが、10%程度での適用は、導入コストのことを考えると適正とは言えず、近いかどうかは別にして将来的に必要になってくることを踏まえて検討することは結構ですが、権益の温床とならないように衆人の監視が必要になってくるでしょうね。

何より、税収を増やしたいと考えるなら、国民番号制による所得の完全捕捉が最も効率よく確実な手段となりますから、2015年のマイナンバー制度導入後、どのように運用されていくのかウォッチしていくということを趣味に一つ(tax watching)に加えようかと思ったりしています。(笑)

マーケットですが、ウクライナ情勢、中越紛争懸念と足枷になるような材料を諸共せずに非常に強い展開が続いている中、数々の経済指標を嘲笑うかのように国債がお祭り状態…

拠り所もないままに指を咥えて見ているしかないのでしょうか? ん~、(汗)

今年に入って、初の月足陽線、6日続伸…、凡人の頭では、咀嚼できませんな~、コリァ・・・

週末によ~く考えたいと思います。 それでは、皆様、良い週末を・・・





ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.30 2014 財政・税金関連 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1073-49fe01de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。