2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

レトロを見直すという行動心理

デジタルが普及し、進化し続けるテクノロジーの世界に生きている今、手紙や文通、交換日記の類は、それにまつわるエピソードさえも聞かれなくなり、便利を手にする一方で、失われていったものが懐かしく思えることが幾つかあると感じるのは贅沢なことですが否定できないところであります。

ただ、年賀状やお礼状は手書きの方が相手に気持ちが伝わるとの考え方により、近年では美文字なる言葉も流行し、手書きで投函されることも増えてきているといいます。

確かに人間の中には、懐かしむという感情が存在しており、薄れていく記憶を再確認する機能を持ち合わせ、時に感傷的になったりもします。

その対象が消え行く何かであったとき、例えば、何十年もの間、走り続けた寝台特急とか…

こんな時は、最後の雄姿を目に焼き付けようと多くの人がラストランに集うものです。

SLなんかにおいては、一夜限りのイベントなどで復活し、人々に感動を与えたりすることもありますが、先程の「手書き」なんかについては、もう一度、復活させるための大儀が必要になっているように感じます。

年賀状にしても、プリントごっこ、ワープロ、パソコンと低コストで便利に活用できる環境が整ってきた時代に、こんな会話が飛び交っていたことが思い出されます。

「今は、ピッピッとプリンターで印刷する時代やで、一枚、一枚、手で書いてる時間なんか無いわ…」

そう、一歩先行く人間が牽引し、新しい常識を作っていくことで、もう、その考え方、やり方は古いんだという認識が広がっていくことになります。

勿論、今でも携帯電話など必要ないと持論、哲学を貫く人も居ますから、必ずということではありませんが、大半は時代の波に乗り遅れないようにと行動するものです。

そして、再び、世に引っ張り出してくるには、古いという認識の上に何かを覆い被せて、新しい価値を訴えるからこそ、その意見に賛同する人々によって、脚光を浴びることになるというのがロジックだと分析します。

それが、手書きで言うところの温かみがある、感情が伝わり易い等々ということです。

なぜ、このような話題を取り上げたかといいますと「世界初、12月にもトヨタが燃料電池車を発売!」といった記事を目にしたことからです。

ほんの少し前、今までトヨタの車(プリウス、レクサス)を改造して走行テストを実施してきたグーグルの開発しているセルフドライビングカーが、全工程を自社で開発した試作車をもって本格的に試験運用されるこが決まり、一般販売の目処を2020年に予定しているといったニュースとの相関から思いを巡らせております。

この車、ハンドルもアクセルも存在しない言わば、フルオートマティックということになりますが、自動車でありながら自動車の定義に該当せず、免許書の必要性、飲酒乗車、様々な観点において、社会概念、法律というフレームを超越してしまうことになることになるでしょう。

そう、新しい常識の始まり、新たな一ページがすぐそこまで訪れていることになります。

このようにグーグルが新しい常識を作り出してくる中で、既存の自動車メーカーとしても新たな価値の創造が求められることになり、自動車に関しては、運搬、輸送、移動手段と趣味としてのドライブといった目的群に鮮明に分別されることになっていくことが予想されます。

グーグルがどのようなマーケティングを繰り広げて展開していくのか分かりませんが、全くのゼロベースからのスタートですから年を追うごとに着実にシェアを伸ばしていくことでしょう。

数十年後、それが常態化した頃に『車を人が運転操作する支配感は、快適だ!』なんて理由を持ち出して、現代のような時代を懐かしむことになるのかもしれませんね。

マーケットは、ECBがマイナス金利導入、実質的金融緩和に踏み切ることを決断しましたことを好感、既に織り込み済みということも想定していただけに意外な印象も否めないところです。

ただ、N.Yも高所恐怖症の症状を訴える人が出てきたことで、ボリュームが減ってきており、調整間近ではないかと思われます。

ていうか、間違いなく調整が必要なところまできていると断定した上で、その切掛けが雇用統計という可能性も含めて、とりあえず一旦、スクエアーにしておくのが賢明なのでは…?

それでは、皆様、良い週末になりますように…





ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.06 2014 マーケティング comment2 trackback0

comment

ウナ
Bunさんのお陰で
「イザヤ・ペンダサン」に行き着きました
ありがとうございました
簡単便利が人、世の中を悪くした
この持論は今もかわりません
増え続ける病気
医者が作っていたとしたら本末転倒です
文明とは本来、人のため世のためのものです
パソコンで脳が退化しては『洒落』になりません
一見すると「オートドライブ」は
事故を減らす利器に見えますが
人の危機回避能力は間違いなく低下します
そのうち人を轢いても
機械のせいにするようになるかも知れません
道具は使ってこそ道具です
機械に振り回されて『人』といえますか
お鮨のために握れば刺身包丁
人を刺せばただの凶器です。
2014.06.08 14:04
bun
仰っしゃる通りでございます。

「牛は水を飲んで乳とし蛇は水を飲んで毒とす」に尽きると思われます。

文明、文化を軽視した私欲主義者たちは、正に、

乳のように見える毒で一見すると正体は分からないものです。

意図する先に何があるのかを逸早く察知し、警鐘を鳴らしていける様に努めたいと考えております。

> Bunさんのお陰で
> 「イザヤ・ペンダサン」に行き着きました
> ありがとうございました
> 簡単便利が人、世の中を悪くした
> この持論は今もかわりません
> 増え続ける病気
> 医者が作っていたとしたら本末転倒です
> 文明とは本来、人のため世のためのものです
> パソコンで脳が退化しては『洒落』になりません
> 一見すると「オートドライブ」は
> 事故を減らす利器に見えますが
> 人の危機回避能力は間違いなく低下します
> そのうち人を轢いても
> 機械のせいにするようになるかも知れません
> 道具は使ってこそ道具です
> 機械に振り回されて『人』といえますか
> お鮨のために握れば刺身包丁
> 人を刺せばただの凶器です。
2014.06.08 14:59

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1077-7c05bc36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。