2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

焦眉の急と騒いでいるが…

日本創成会議の発表した人口推計結果なるものを皮切りに深刻な問題として取り上げられるようになり始めた移民政策、人口の減少は国力の低下に直結するという理論は十分に理解できますが、何故?移民を受け入れてまで、1億人に固執しなくてはならないのか?その根拠理由があまりに説得力が無く、問題点を指摘されれば、逆ギレ、開き直りといった態度を目にすることがあります。

将来的に869にも及ぶ自治体が消滅する可能性があるとの指摘ですが、これを一つの警鐘として捉え、そのための対策を講じていく上で、重層的に他の指標を重ねて考えていく必要があるはずなのです。

とりわけ労働力が不足していることを補うことが目的であるかのように述べられており、特に建設業界においては急激な需要増(震災復興、東京五輪等)へ満足に対応できていないということを耳にしますが、遡ること20年ほど前に労働支援(工事関連)ということでイランから多くの人を受け入れたことがあります。

その後、彼らは帰国することなく職を転々としながら、やがて犯罪にも手を染めていったという経緯が残されているということを忘れているのではないでしょうか?

更に、現状を認識した上で懸念材料の根拠として、現在、日本に住む外国人の割合が人口の2%でありますが、刑務所に収容されている外国人の比率は、全体の20%にも及ぶというデータが示しているように犯罪という一点を取り上げても日本の安全が損なわれてしまう恐れがあり、この不安を払拭できないままに福祉がもたない、消費税が30%になるとか言って揺さぶりをかけてきても何の説得力もありません。

年金制度にしても、ようやく全体像が浮き彫りになり、過去の主張は全て仮定に依拠した嘘だったということが判明、国家的な詐欺と言い切っても過言ではないでしょう。

今度は、外国人労働者という名目の新しい国家詐欺ですか…?

言葉も文化も考え方もまるで違う人種を招き入れて、規模だけを維持拡大したとしても、根底から破壊されては日本ではなくなってしまいます。

テレビドラマの中で、社風の違う会社との経営統合に反対するというシーンがありましたが、規模の利益よりも失ってはならない利益が見えていない人間は経営者として失格です。

それと同じようなことを進めようとしている政治家、有識者は、日本人として失格という烙印を押さざるを得ないということになるでしょう。

images ism
それこそ、お前らに日本人としてのイズムがあるのか?と尋ねてみたいものです。

マーケットは、信託銀行の買い残から年金基金が動いているといった見方があるようですが、政府の方針を受けて(GPIF)先回りして買っているのか?株価水準の維持への圧力か?仮にそうだとしても専門家も首を傾げたくなるような高リスクに手を伸ばしているのには別の理由があるのでしょうか?

こうした動きが下を売れなくするプレッシャーをかけることになり、下値の固さをアピールできますが、過去の戦術に照らしてみても例がないことから株価そのものよりも、それを形成している中身が極めて不透明であることから、まずは頭の中を整理して向き合う必要がありそうです。

もしかして、今日も寄り付き安から、バスケットで後場からの切り替えし?

それにしても、ドル円、ボリンジャーバンドが一本の線になってしまいそうです。

これじゃ、テクニカルも何もあったもんじゃないです。(悲)




ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.25 2014 政治・政策関連 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1082-ce283414
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。