2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

民主主義を進化させねば…

冒頭にご報告でございますが、先般の試験&面接の結果、山が動いたといっては大袈裟ですが採用して頂けるという旨の通知が到着いたしました。

用意されているプログラムの初期過程として、まずは本社研修ということで当分の間は東京に身を移すことになり、誠に残念なのですが本稿をもって暫らくの間、更新を停止させて頂くこととなりました。

多くの方にご訪問いただきましたこと感謝申し上げます。 ありがとうございました。

落ち着きましたら、体験記なども織り交ぜながら再開する所存です故、宜しくお願い申し上げます。



臨時国会での集団的自衛権の議論が活発に行われている中、改憲の声が遠のいているように感じるのですが、改憲なくしてこのまま堕落した民主主義と共に埋没の道を歩むのかと少し考えさせられます。

経済格差といったようなワードで、都市部と地方の経済事情が大きく異なると叫ばれ、昨今では特命で地方創生大臣まで誕生する中、地方が発展しないのは中央集権の影響が大きく、そのためにも地方分権という改革を前に進めていかなければならないと訴える声も多かったのですが…

大泣き会見で注目された野々村県議以降、度重なるというか表面沙汰になってこなかった地方議会の議員の不祥事に体たらくの数々、中には公文書偽造という立派な犯罪行為に関しても「知らん!」の一点張りですからね、そりゃ~、これじゃぁ地方が活性化するなんてことは望めないでしょうなぁ~って印象を拭いきれません。

そこで、投票する側にも責任があるとの指摘もありますが…

確かに責任があることは間違いないのですが、選択肢が少なすぎるという現実があのような議員を輩出してしまう原因にもなっていると考えられます。

逆に言えば、議員が必要以上に多い、削減すべき状態なのでしょう。

同じ過ちを繰り返さない意味でも、20歳以上のすべての日本国民が投票権を有している社会ではなく、20歳以上のすべての日本国民は投票する権利の資格を有することができると改めることです。

そう、労働参加率における分母という考え方です。

砕いて言うならば、各選挙ごとに投票する意思のあることを示すことで投票権を獲得、それを行使するというシステムに改めれば、それなりの目的や意図を反映させたいという力学から投票率は100%に近い状態を維持できると共に現状の改善に結び付いていくものと推測できます。

このようになれば知名度だけで投票するというようなことを極端に減少させることができ、定着していけばその可能性は限りなく皆無に近づいていくでしょう。

この年末ぐらいには重大ニュースの番外編ぐらいで取り上げられることは間違いないと思われる兵庫県議の野々村氏を例にすると、彼の前職が公務員ではなく、ちょっと名の知られる有名人であり、国政に出馬していたと考えてみて下さい。

政策、人間性という絶対的条件よりも前に知名度を武器に戦って当選する可能性があるような選挙制度は洗練を求めるということからすれば制度上の瑕疵ということになります。

投票できる資格というハードルを設けたからといって完全になくすことができるかと問われれば無理なのかもしれませんが、間違いなく現状より良くなることは自明の理。

これだけ無党派層が多い中ですが、無党派層イコールでノンポリかというと全く違います。

無党派層でも政治には深く関心がある方も多いはずです。

今のような政治だから支持政党がないという信念があってのことでしょうし、逆に全く関心がなく投票に1度も行ったことがないという人も結構な数に上ると思われます。

民主主義を有意義な本来のあり方に近づける意味でもこうした改革が必要なはずです。

今のような状態じゃ、国民、市民が自ら自分の首を絞めているように思えてなりません。


マーケットですが、この10月相場は全体的にボラが高まるような気配を感じております。

為替も同様に110円を目指しながらも再び108円割れという可能性も残されており、どこまで材料視されるか不明な点もありますが、株の方も連動、それ以上に動くのではないかということで…

それでは皆様、長い間、本当にありがとうございました。 m( _ _ )m

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
.06 2014 政治・政策関連 comment6 trackback0

comment

ノリーダヨ
何時も拝見させていただいておりましたので、ブログ更新の停止は、
残念ですが...新たな門出 おめでとうございます。
お仕事頑張ってください。更新の再開 楽しみにしております。
2014.10.06 06:16
bun
ありがとうございます。

いつも珍しい植物を中心にご紹介いただき、親近感を持っておりました。

時に、色鮮やかな魚なども目にしながら美味?珍味?なんてことを
想像しながら楽しませて頂いていた次第です。

また再開できる日を楽しみにしております。ありがとうございました。



> 何時も拝見させていただいておりましたので、ブログ更新の停止は、
> 残念ですが...新たな門出 おめでとうございます。
> お仕事頑張ってください。更新の再開 楽しみにしております。
2014.10.06 06:36
レインボウ
東京生活、楽しんでください。
応援しています。

そして、ブログの再開を待っています。

あ、「きたあかり」を覚えていてくださいね。
2014.10.06 22:18
bun
ありがとうございます。

間もなく東上しますが、過密な工程に
追い回されることになりそうです。

今のところ、見通しは立っておりませんが
一段落したら、ご連絡がてら「きたあかり」の方へ
お伺いしますので、今後とも宜しくお願い致します。



> 東京生活、楽しんでください。
> 応援しています。
>
> そして、ブログの再開を待っています。
>
> あ、「きたあかり」を覚えていてくださいね。
2014.10.08 08:16
薔薇姫s
おめでとうござあいます。
良かったですね。

ブログのお休みは残念ですが…新生活の始まりですもの祝事です。

落ち着かれましたらまた再開をしてください。

これからお寒くなりますのでくれぐれもお風邪などお召しになりませぬよう・・・。
2014.10.08 22:57
ウナ
暫く
お見えにならないと
旅行かなとか
風邪でも引かれたのかと
気になります
ですが
このようなプラスであったとは・・・・
羨ましい
今日は鰹を食います
秋刀魚も鰹も
『戻り』が旨い!
いつの日にかお戻りください
貴殿の才能に
再びあいまみえますことを
楽しみとして



お待ちいたします。
2014.10.16 16:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1107-350f4618
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。