2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

内閣改造、恒例の閣僚CHECK

総評は後にして、とりあえず新たな閣僚を含めて、恒例の閣僚CHECK!

それでま、参りましょ~う!


内閣総理大臣

安倍晋三。。。。抜群の外交センスと機動力で日本のプレゼンスを高めてきた実績は過去に例のない安定感と信頼感が高支持率にも結び付いているのでしょう。
次なる課題、ローカルアベノミクスを成功に導くことができるか?が絶対政権への鍵。


財務・金融大臣(留任)

麻生太郎。。。。渡航の際にはアルカポネを彷彿させる日本ギャング界のボス。
そんなボスキャラですが、自民党が下野した頃と発言が変わってきているのは残念、やっぱり財務官僚の度重なるレクチャーにより洗脳されてしまったということでしょうか。、


総務大臣

高市早苗。。。。海外では早速、極右議員入閣で外交に懸念なんて記事が掲載されるほど保守色の強いイメージ。
それだけに発言の揚げ足を取ろうとメディアが手薬煉引いて待ち受けているということを認識しないと親分の足を引っ張ることになってしまいます。


法務大臣

松島みどり。。。過去の委員会で暴走モードに覚醒したことから、ちょとばかり癇癪持ちのイメージが定着しており、答弁で火が点かないかどうか少々心配。
死刑確定受刑者の執行でストレス発散か?なんて記事で叩かれても辛抱ですよ。


外務大臣(留任)

岸田文雄。。。。当初は畑違い?って見方もありましたが、官邸主導体制を上手くサポートしており、総理との関係では外相というポジションは適材適所なのかも。


文部科学大臣(留任)

下村博文。。。。日教組の目の上のタンコブ的存在感を遺憾なく発揮してもらいたいところですが、戦術を見る限りではじわりじわりと締め上げ作戦?
教育は未来の国益であることを忘れずに邁進して頂きたいと思います。


厚生労働大臣

塩崎恭久。。。。専ら、市場はGPIFの改革が進むのではないかとの思惑を先取りする形で日経平均は上昇してきましたが、この方の過去の経緯を鑑みると国益重視を優先するような考えとは思えない発言も多々あることから、市場は歓迎しているようですが個人的には大いに不安が高まるところです。


農林水産大臣

西川公也。。。。。。TPPの党内意見交換の際、尾辻議員と怒鳴り合うといったパフォーマンスを披露した迫真の演技で貢献、論功行賞?
事前の身体検査をパスするとは思えない脛に傷を抱えていたような…、ま、その辺は最新医療設備を要した共産党の再検査で餌食になる可能性もないとは言えないでしょう。


経済産業大臣

小渕優子。。。。容姿からも実直な性格が滲み出ているように兎に角、真面目。
ただ、額賀のおっさん、額賀派に席を置いているため派閥の長が影でゴソゴソと余計な真似をしないかどうか気になるところです。


国土交通大臣(留任)

大田昭宏。。。。公明党枠、容姿に似合わず影の薄くなってきたことは良いことでしょう。
それだけ肩身が狭いってことなのだろうということですが、続投する以上は沖縄知事選よろしく!ってことを忘れないでもらいたいものです。


環境大臣

望月義夫。。。。大所帯の泣き所というか、自民党にも必ず存在する鼻つまみと言って良いでしょう。
党員の中からも選挙では落選を願う人も存在するぐらいですからね。


安保法制・防衛大臣

江渡聡徳。。。。地道に活動を続けてきたようですが、正直、勉強不足で詳しいことを存じ上げておりません。
次の国会では、キーマンとなることは明らかですので、しっかりと学ばさせて頂きます。


経済再生・経済財政大臣(留任)

甘利明。。。。。TPP交渉では予想以上に健闘している模様。
ただし、経済情勢を勘案せずに増税路線を直走る姿勢は相変わらずの稚拙振りを発揮。


行政改革・女性活躍大臣

有村治子。。。。野党時代に予算委で民主党を徹底糾弾した動画が一部で大変に盛り上がり、一躍その名が.知れ渡りました。
というか、当事の菅内閣のコメディのような答弁がバラエティ番組なんかより、よっぽど面白かったということも大きかったのでしょうが…(笑)


地方創生担当大臣

石破茂。。。。。。今回の内閣の重要政策を担う位置づけになるのでしょうが、再生を目指すのであれば、これ以上の疲弊を食い止めるのが優先されなければなりません。
ならば、消費増税に待った!と諫言することが、プライオリティと判断するか?どうか?歴史観は別にして、大変、頭の良い方だと認識しておりますので、その点に注目していきたいと思います。


国家公安委員長・拉致・防災大臣

山谷えり子。。。拉致問題解決が大いに期待される中、古谷前大臣以上のエキスパートで知られる方、そういう意味では適任なのでしょうが、このタイミングか~。


復興大臣

竹下亘。。。ん~、気に入らん! 打ち上げた花火を夜空で大輪を咲かす前にそそくさと打ち消す弱腰野郎ですから、復興という複雑な問題を抱える重要な大役でイニシアティブを取れるのか?この小心者では甚だ疑問が残ります。


北方・科学技術担当大臣 

山口俊一。。。。あまり良い噂が聞かれない世襲議員、保守色を強めすぎると大騒ぎする連中が出てくるだろうということでの配慮?


官房長官(留任)

菅義偉。。。。。。内閣改造まで一人の脱落者が出てこなかった影の功労者といえるでしょう。
苦労を重ねて大輪を咲かした人ですが、未だ尚、我欲のない自己犠牲の精神で国のために尽くしている姿勢を批判する人は居ないでしょう。

人心を一新するということでの改造でしたが、そもそも党内の不満の解消で挙党体制を構築する必要に迫られたのが真相だとすれば、新たに任命された方の中には「俺が、俺が~」という欲ボケが混じっているため、そういった人物が浮ついた気持ちで何かやらかすのじゃないかと気が気でありません。

軽々には申せませんが、あえて言わせて頂くと解散を視野に入れた組閣だったのでは?

マーケットは、ECBのドラギ総裁の利下げ発言を受けて思惑通りにユーロが下落しておりますが、デフレ時の通貨高という法則からすれば、この下落も一時的ではないかということで、どの時点でユーロ買いに動き出そうかと妄想を膨らましながら目尻を下げております。(笑)

東京市場の方は、ようやく2兆円の商いと活況の目安に到達していますが、為替があまりにも刺激的な動きを見せていますので誘惑に弱い性格に従い、為替を中心にウォッチしていこうと思います。

それでは、皆様、良い週末を…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.05 2014 政治・政策関連 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1110-a32a979c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。