2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

これじゃ、同じ穴の狢

またしても自然の脅威ということ痛感させられることになった御嶽山の水蒸気噴火。

ゲリラ豪雨、台風、竜巻、地震、落雷、常に災害に晒されてきた教訓は活かされてきたのか?今回の噴火で尊い人命が失われたことで民主党時代の仕分けに問題があったかのような意見も聞かれますが、どうも本質を欠いているような気がしてなりません。

最終的な責任ということでは政治判断に結び付くのでしょうが、火山噴火予知連絡会の会見を見る限りでは存在意義を問われて然るべき無責任感が漂っていたではありませんか。

水蒸気噴火を予測するのは非常に難しいということなのですが、では何故?火山噴火の専門家と称してレベル区分を行い判断できるのでしょう?

レベル5 避難、レベル4 避難準備、レベル3 入山規制、レベル2 火口周辺規制、レベル1 平常といった具合に設定されており、御嶽山はレベル1の状態で放置されていた訳です。

平常ということは、読んで字の如く問題ないに等しい状態でありますから行楽シーズンということで多くの登山者が安心して頂上を目指していたことは間違いありません。

それが…、あの大惨事です。

警戒を促したり、警報を発して避難勧告といった権限が委譲されている組織が事故が起きてから責任を追及されて飛び出した一言が、『我々の予知レベルはそんなもの』って…?

ざけんじゃね~ぞっ!

社会的影響を及ぼす機関である以上、事故が発生した際に責任を負うのは当然のことで責任を取ることが嫌なら付随して権限も放棄するのが正しい社会規範です。

専門家という学者ですから研究の自由は保障され、研究を進めていくのは勝手ですが、未完成の段階で税金を投入してそれを公共に利用することなど事業仕分けのテーブルに載せることすらできない段階であるというのが適切なのではないでしょうか。

火山活動の専門家として動静を見極める組織の体裁を整えて国民を欺いてきたということでは、聾啞者を装った偽者の作曲家、佐村河内氏と同類ってことですね。

マーケットですが、昨日は久しぶりの荒れようでした。

今までであれば、前場で200円を越える下げも後場に入って揉み合い、引けにかけてGPIFといったことも頭に浮かんでくるのか終わってみれば何のことない一日でしたって展開が多かったのですが…

為替の動きと比較しても400円以上も下げる理由など見当たらないというのが正直な感想ですから、もしかしてアルゴリズム取引がネガティブ発動したのかもしれませんね。(汗)

ま、押し目と考えることもできますが、今晩に雇用統計も控えていますので動きづらいところ。

そういうことで、この週末は、目一杯、情報収集と分析になりそうです。

それでは、皆様にとって良い週末となりますように…

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.03 2014 国内情勢 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/1124-eac0914c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。