FC2ブログ
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

橋下徹に見る、それぞれ…

衆議院で法案が可決されてからというもの、延長国会は機能不全に陥り、職務怠慢状態が続いている中で、国民から馬鹿にされ世論の不支持が大勢を占めてきた官僚の鵜飼いのようなドジョウ総理を嘲笑うかのようにロシアが挑発的な行動に及んできております。

つい最近、プーチン大統領との会談で北方領土問題の解決に向けた話し合いを改めて行うことを合意して、相手の機嫌を伺うがごとく柔道に倣って「はじめっ!」なんてことを言っていたのも束の間、世界的なとっちゃん坊やの風貌で知られるメドベージェフ首相が、またしても我が国の領土に無断で足を踏み入だからといって、国土、主権を侵すような真似は看過できるものではありません。

が、驚くことに北方領土問題を解決に向けて再活性化するといったような事実が無かったことが明らかとなり、財務省に飼われていたはずの総理が、外務省と共有状態にあったという新しい事実も判明したわけであります。

政権交代から3年になろうとしていますが、国家経済はシュリンク、国力弱体、国体喪失、円は放出(不要なODA拠出など)、国民放置、外交破綻というようなネガティブ用語のオンパレード。

時間を費やし、やってることは、政局ごっこと官僚の利益保全、これでは政権交代の意味も無くなり、ましてや二大政党制という定義すら根底から崩れ去ってしまいますし、こんな状態で大連立なんて言葉が飛び出したりすれば、それこそクーデターが起こっても不思議ではありません。

未来の見えない政党政治の限界が訪れているのかも?って予感が、二大政党への不支持率に表れているように感じております。

そして、色々と批判の声もありながら、多くの支持を集めている橋下氏に今とは違った何かを期待しているのかもしれません。

個人的にも、橋下氏が国政に躍り出て、ぶら下がりなどの会見で、こんな風な見解を述べている姿を想像したりするものです。


記者A「今回のメドベージェフ首相の行動について、一言お願いします」

橋下氏「火事場泥棒の国家がやりそうなことですよ! 国際ルールに則って厳格な抗議と謝罪を求めていくように具体策を講じないといけないでしょうね、ま、過去のことをどうこう言っても仕方ないのでしょうが、余りにも長く放置されたことは問題でしょう、他国との関係を発展させていく意味でも、しっかりと日本の立場を明確に訴えていくべきだということですよ」

記者A「それは、中国や韓国、北朝鮮の国々に対しても同じお考えですか?」

橋下氏「そりゃ、そうですよ! 中国なんか日中友好っていえば、何でもかんでもまかり通るように振舞ってきて、自身のやってることは、尖閣諸島を脅かすようなことだったり、積み上げた歴史の真実をもう一度、勉強してくださいってことなんじゃないですかねぇ、韓国も酷いですよ、竹島だって実効支配とかって言ってますけど、あんなの侵略そのものですよ!それをお茶を濁したようなことしか言ってこなかったから、おかしくなってるんじゃないんですかねぇ」

記者A「今の発言は、相手国を刺激することになるのでは?」

橋下氏「あねたねぇ、そんなことを言ってきたから、何も進んできてないんでしょう、どこか間違ってることを言っているなら指摘してください!何も言ってることが間違ってないんであれば、正々堂々と国益の為に発言することこそ政府の役割じゃありませんか?何も武力に訴えるんじゃないんですよ、正論を主張して相手が反論してくるなら国際法に添った形で、議論するって方法もありますしね」

   橋下徹            imagesCAFGPKD4.jpg

個人的には、橋下氏というフィルターを通して、こんなシーンに期待しているのですが、幅広い支持を得ている中で、期待する方々には、どのように映っているのでしょうか?

マーケットは、何といっても米雇用統計待ちということで、限定的な動きに終始するものと思われます。

どの国も例外なく金融緩和や利下げに傾いておりますから、ここでもFRBがQE3に否定的な見解を示すことができないように無言の圧力が働くのではないかと考えられます。

ドイツのメルケル首相が上手く市場を翻弄させたこともあり、バーナンキ議長も手持ちのカードから考えても、如何に有効なものとできるかと思案のしどころといった感じではないでしょうか?

ポチっとクリックしていただくと嬉しいです。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.06 2012 政治・政策関連 comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bun251.blog62.fc2.com/tb.php/762-9866a0da
衆議院で法案が可決されてからというもの、延長国会は機能不全に陥り、職務怠慢状態が続いている中で、国民から馬鹿にされ世論の不支持が大勢を占めてきた官僚の鵜飼いのようなドジ...
2012.07.06 18:40 まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。